屈伸する覚悟

前回の投稿から1カ月近く経ってしまいました。季節は真夏となり、それも外出・飲食が不自由な夏。23日からは東京オリンピックが始まりました。選手たちの活躍は素晴らしいのですが,対比するようにコロナ感染者が急増し、「ロックダウン」まで現実味が帯びる状況となっています。個人的には2度のワクチン接種は終わりましたが感染が身近に近づいている恐怖は増しているように思えます。交流、特に海外との交流再開はまだまだ先のようです。

先日NHKBSプレミアム「プロジェクトX」の再放送で戦後初の国産民間旅客機YS11の開発が取り上げられていました。第2次世界大戦中の1944年11月、シカゴに52か国が集まり戦後の国際民間航空の枠組みが協議されました。その時米国のフランクリン・ルーズベルト大統領が日本(ドイツもイタリアも)の航空の「完全禁止」を宣言しました。「ゴム紐で飛ばせる模型飛行機より大きい物体を飛ばすことは一切禁じる。」と言ったとされます。そして終戦。日本は保有していたすべての飛行機を連合国に没収され、(その後すべて破壊・焼却)1952年4月のサンフランシスコ講和条約までの約7年間、日本の航空禁止時代が続きました。私は航空機に関して詳しくはありませんが、日本で未だに国産ジェット旅客機ができないのは戦後7年の空白が遠因ではないかと思ってしまいます。「プロジェクトX」ではYS11開発に携わった戦時中の航空機設計者(ゼロ戦の堀越次郎氏、飛燕の土井武夫氏)と若手設計者のチームが紹介されていましたが、本格的なYS11開発のリーダー役を務めたのが東条英機の次男、東條輝雄氏であることを初めて知りました。またこの番組に共通する当時の官民一体となった「日本を一流の国にするんだ」という熱量を感じ、不覚にも目頭が熱くなりました。真に”ものづくり大国”を目指していた先人たちの「覚悟」に感動します。私の尊敬する文化勲章受章者の中西進先生は「日本人には屈伸力がある」とおっしゃいました。何もかもなくなった焼け野原からの「屈伸」はとてつもない「覚悟」だったと思います。その「覚悟」はこのコロナ禍から復活するDNAとして日本の”ものづくりの会社”には受け継がれていることにも感動します。

さて観光大国を目指している日本。観光産業はすそ野が広いと言われています。しかし、すそ野が存在するためにはその中心に核となる産業、運輸業・宿泊業・旅行業などの観光関連産業が断固としてそびえ立っていることが必要だと思います。山の高さとすそ野の広さは比例するからです。コロナ禍から復活する「屈伸力」を観光関連産業は持っているのか?「屈伸」する「覚悟」はあるのか?

すそ野が広いとは「みんなで渡れば怖くない」ではありません。今こそ観光関連産業、特に旅行業にその「覚悟」が問われているのではないでしょうか?

 

 

万葉のまほろばを歩く(3)

「中西進と21世紀を生きる会」という会があります。会員は中西先生の万葉集勉強会の生徒さん、ファンの皆さん、中には「万葉のまほろばを歩く」の旅に参加していただいた方々もいらっしゃいます。先生はご多忙の身、またコロナ禍もあって3年前に入会させていただいた私はなかなかお会いできず,会報誌(21世紀ふくろう)の文章や写真を拝見しています。その会報誌に投稿させていただいた私の拙文を「万葉のまほろばを歩く」の最後に記載したいと思います。

全日空スカイホリデー「万葉のまほろばを歩く」

3年ほど前に当会の相談役である山澤一喜様のご紹介で入会をさせていただきました伊豆芳人と申します。私は全日空の旅行部門の会社でサラリーマン生活を過ごしましたが、長く山澤さんが直属の上司で、退職後の今でも仲良くさせていただいております。

さて全日空スカイホリデーとは全日空国内旅行のブランド名ですが「万葉のまほろばを歩く」と名付けられた企画旅行について書かせていただきます。万葉集が詠まれた素晴らしいところ「まほろば」を旅するこの企画の発案者は山澤さんです。そしてこの旅の要であり、講演者であり、先達としてすべての回に同行していただいたのが中西進先生でした。第一回目は昭和五十年代後半、200名以上が参加し、訪れた「まほろば」は奈良飛鳥でした。以降平成17年の対馬まで19回続き文化力の高い旅のシリーズとなりました。

資料と記憶を辿ると私は沖縄,瀬戸内海,越前・湖北,多賀城など南東北,豊後国東半島,紀ノ川流域と伊勢神宮,大宰府と対馬そして韓国にご一緒しました。中西先生には毎回約1時間半の基調講演、行程中は要所要所で簡易な台に乗って説明までしていただきました。

私の最初の「まほろば」は沖縄でした。沖縄で万葉集?と思われるでしょうが、テーマは「琉歌と万葉集の比較」「大和人と琉球人との精神性の比較」だったと記憶しています。残念ながら早逝された琉歌研究の第一人者、故嘉手苅千鶴子さんにもご登壇いただきました。ツアーでは斎場御嶽も訪れました。今はパワースポットとして沖縄の観光名所ですが、当時は観光バスが近づくことも難しい場所。遥拝場所からは天孫降臨伝説のある久高島を遠く望み、久高島と斎場御嶽を結ぶ線をさらに真っすぐに伸ばすと琉球王朝時代の大城首里城があり、イザナギとイザナミによる国づくりと同じようなアマミキヨという女神とシネリキヨという男神による国作り神話があることを学びました。当時の日本との交流、王朝の正統性と国づくり神話という共通性も学ぶことができました。

宮城県の多賀城跡では中西先生の先導で大伴家持の長歌(海ゆかばの元歌)を参加者全員で詠い,聖武天皇が東大寺の大仏を造営した時代に思いをはせました。最終日には阿武隈高地の山々を眺めながら「智恵子抄」も読みました。

そして唯一の海外は韓国。全日空ソウル支店長になられていた山澤さんのお招きでした。ソウルでの講演会の司会は私、中西先生のご友人でもあった時の在大韓民国日本大使に開会のご挨拶を賜りました。その後訪れた百済の古都扶余では新羅に攻められ多くの宮廷官女が身を投げた落下岩を見学しました。白馬江の流れの先に対馬海峡を進む倭水軍まで見えるような不思議な感覚を覚えています。そして「万葉のまほろばを歩く」の最終回。それまで同行して頂いていた考古学者の故田辺昭三先生が病気療養のため不参加となりましたが、対馬へ 旅をしました。それは12月初旬、地元の人も驚くような雲一つない冬晴れの日でした。中西先生と並んで島西側の展望台に立つと川のようにキラキラと流れる対馬海峡の先に釜山の街並みをはっきりと見ることができたのです。防人の島・対馬と朝鮮半島との船の行き来、人々の往来に参加者全員が思いをはせた時でした。ひとりの年配の女性が「海ゆかば」を歌い始め、ついには全員での合唱になったのです。扶余で倭国を思い、多賀城跡で「海ゆかば」を詠み、対馬で朝鮮半島を眺めながら「海ゆかば」を合唱する。「万葉のまほろばを歩く」はそんな旅でもあったのです。当会にはツアーにご参加いただいた方々もいらっしゃるのでいつの日か思い出話をさせていただければと思っています。

中西先生の大好物であるアイスクリームを一緒に食べたり、行く先々で様々なお話を聞くことができた経験は私の人生の宝物です。

第5回万葉のまほろばを歩く「飛鳥・宇治の巻」で講演する中西進先生

万葉のまほろばを歩く(2)

「万葉のまほろばを歩く」では行程中に何度も中西先生の先導でその地縁の和歌や長歌を参加者全員で詠みました。前回書いたように”みちのくへの旅”では多賀城で黄金が出たことを賀して大伴家持が作った「海行かば 水浸く屍 山行かば 草生す屍」が含まれる長歌を詠い、聖武天皇が東大寺の大仏を造営した時代に思いをはせました。この話には後日談があります。

「万葉のまほろばを歩く」の最終回となった”対馬への旅”の時、島西側の展望台に立ち朝鮮半島を眺めました。12月初旬のこの日、地元の人も驚くような雲一つない冬晴れで川のようにキラキラと流れる対馬海峡の先には釜山の町がはっきりと見えました。防人の島・対馬と朝鮮半島との間のこの海峡を数多くの船が行き来し、人々が往来したことを旅の参加者全員が実感した時でした。ひとりの年配の女性が「海行かば」を歌い始めたのです。最後には参加者全員の合唱となりました。「海行かば」には様々な思いや捉え方があると思いますが、その時の私は郷土を離れ対馬に派遣された防人を思い涙が止まりませんでした。また”みちのくへの旅”では阿武隈高地の山々を眺めながら「智恵子抄」を中西先生の先導で読み,”豊の国の旅”(大分県)では杖をついて竹田市岡城址に上り、「荒城の月」を歌いました。「万葉のまほろばを歩く」はそんな旅だったのです。

この種の企画にはお金がかかります。継続させることにも大変な苦労がありました。当時就航する路線の目的地(ディストネーション)の新たな魅力を探し出し、旅行商品にしてマーケットを開発することに全日空が力を入れていた時代でもありました。「万葉のまほろばを歩く」の時代にはDMOはありません。観光庁もありません。民間の会社が企画し、民間の資金で実施・継続させた時代でもありました。

第16回万葉のまほろばを歩く<豊の国の旅・平成12年11月>岡城址に上り参加者全員で「荒城の月」を歌う。

 

 

 

 

 

 

 

ボーダーです。

万葉のまほろばを歩く (1)

中西進さん。言わずと知れた万葉集の大家、国文学の大家、知の巨人です。元号令和の発案者として時の人になったことは記憶に新しいところです。先生とのお付き合いは25年以上となります。”お付き合い”とはおこがましいのですが・・・、私が長く勤めていた全日空商事(旅行部門)が19回にわたり実施した旅行企画「万葉のまほろばを歩く」に講師として、また行程の先達としてすべての回に同行していただきました。私は途中からの担当ですが万葉集が詠まれた”まほろば”(素晴らしいところ)を訪ねて日本各地、朝鮮半島まで出かけました。

「万葉のまほろばを歩く」の第1回目は昭和50年代後半、京都で開催されました。この”伝説”の発案者は私の師匠です。79歳になられる今でも冷めることない,私がいつも書く”熱量溢れる”人の代表で、一言,すごい人です。 さて、1回目。200名以上の参加者があり全日空商事(旅行部門)初の大型企画で失敗を許されない緊張の中、懇親会での料理が足りない、添乗員が寝坊する、バスが来ない、などなど後世に語り継がれる”伝説”的な1回目になりました。

資料と記憶を辿ると中西先生とご一緒した”まほろば”は沖縄,瀬戸内海,越前・湖北,多賀城など南東北,豊後国東半島,紀ノ川流域と伊勢神宮,扶余(韓国),大宰府と対馬です。毎回約1時間半の基調講演、行程中は要所要所で簡易な台に乗って説明をしていただきました。私は団長兼添乗員でお客様対応でじっくりお話を聞くことはできませんでしたが、それでも忘れられない語り、場面はたくさんあります。先生の大好物であるアイスクリームを一緒に食べたり、行く先々で写真も撮らせていただきその経験は真に人生の宝物でもあります。

さて「万葉のまほろばを歩く」にはもう一人、大事な方がいらっしゃいました。考古学、それも水中考古学の大家である故田辺昭三先生です。豪快で酒豪。旅館の大風呂に一緒に入り、お酒のお付き合いもさせていただきました。行程中、例えば宮城県の多賀城跡では、中西先生が大伴家持の長歌(海ゆかばの元歌)を朗々と先導し、田辺先生が発掘された出土物の特徴を語りました。それぞれの先生のファンは中西先生とともに歌い、田辺先生の話を熱心にメモを取られて、今思い出しても豊かで知的好奇心を満たす贅沢な旅だったと思います。その田辺先生が体調を崩されたのは最終回(19回目)の対馬への旅の直前。京都のご自宅までお見舞い伺いました。参加するお客様へ不参加を詫びるメッセージをお書きいただき、わざわざ玄関先まで見送っていただいたのですが、2006年2月帰らぬ人になりました。

中西先生からは北海道でアイヌ民族の叙事詩ユーカラと万葉集との比較をテーマに20回目をやりましょう、とのありがたいご提案をいただきましたが私の無精により「万葉まほろばを歩く」は19回で終了しました。(中西先生のご提案は後年「オホーツク人文化」の旅で実現しました。)

世はDX時代。ファストツアー全盛です。しかし「万葉のまほろばを歩く」のような旅を創る旅行会社はまだまだ頑張っています。根強いファンの高齢化が心配ですが、デジタル化できない土俵で企画力で活路を見出す努力を旅行会社は忘れてはならないと思います。

「万葉のまほろばを歩く」韓国編。説明をする中西進先生。右後方のサングラスの方が故田辺昭三先生。左後方に添乗員の私がいます。
百済の旧都である扶余にある皐蘭寺。新羅に攻められ3000人の百済宮廷官女が落下岩から身を投げた場面の絵を見る。

 

スケルトン

航空機を使った国内旅行が爆発的に成長した一つの理由はボーイング747(ジャンボジェット )に代表される乗客数500名前後の大型機の就航でした。私が担当者として旅行業務に携わっていた時代(1980年代)は、団体から個人旅行へのシフトが急速に進んでいましたが、Deregulation(規制緩和)前夜でもありました。機材は大型化していましたが、旅行運賃は認可制,マイレージなどのサービスも不自由な時代で、他社との差別化あるいは閑散期の対策等は旅行商品への依存度が高く、旅行会社の社員そして航空会社の営業マンが元気だった最後の時代だったかもしれません。

同じ沖縄のツアー、特に那覇市内ホテルに滞在するツアーなどは基本フリータイムなのでどこの旅行会社でも同じ内容で”一物一価”となり,旅行代金は下がるところまで下がります。となれば体力があり、販売力(当時は店舗数)のある大手旅行会社が有利。中小旅行会社、零細旅行会社は大手と対抗するためにも私たちが企画した全日空利用の旅行商品を競って売ってくれました。飛行機+ホテルだけのシンプルな旅行商品ではなく付加価値を付けて馬鹿らしい価格競争だけは避ける、その工夫の日々だったように思います。日本航空と東亜国内航空との「企画力」の競争は懐かしい思い出です。

飛行機+ホテルだけのシンプルな旅行商品を当時「スケルトン」商品と呼びました。インターネットを販売手段としたOTA(Online Travel Agent)はこの「スケルトン」商品を主力として一気にシェアを拡大しました。店頭中心で大量販売で稼いでいた既存大手旅行会社は焦りました。一方で時代はDeregulation(規制緩和)へ。運賃・マイレージなど多様なサービスを自由に展開できる時代となり正確無比なオペレーションを好む航空会社もOTAに惚れこみました。24時間いつでも予約可能、需要に応じてダイナミックに旅行代金を変動させることで”一物一価”に陥らなかったOTA旅行商品は国内旅行の主力となりました。所謂”ファストツアー”全盛、旅行会社の「企画力」は金がかかる代物となり、旅行先での着地型に取って代わられるようになりました。

コロナ禍の後、旅行には体験、交流に加えて「安全」という価値が求められます。スケルトンなファストツアーはどこまで「安全」を提供できるか?旅行会社には改めて「企画力」が求められていると思うのですが・・・。